大きくする 標準 小さくする

ジュニパーペリー(じゅにぱーべりー)

■一般名 "ジュニパー Juniper"
■学名 "Juniperus communis ユニペルス・コンムニス"
■ヒノキ科 針葉樹
■"ハンガリー、フランス、イタリア、カナダ、クロアチア、
 オーストリア、インド"
■ 果実 水蒸気蒸留法
■"α-ピネン(モノテルペン類)、カンフェン(モノテルペン類)、サビネン(モノテルペン類)、
 テルピネン-4-オール(アルコール類)、β-ファルネセン(セスキテルペン類)、
 カリオフィレン(セスキテルペン類)、


★西洋では古くから、心と身体の浄化にしよう。
  魔よけとして飾ったり、牛乳が腐らないようジュニパーの枝で
  かき混ぜたり、ワインが腐らないように実を入れたりして利用。
★コショウのかわりに使われたこともある。
★お酒のジンの香り付けにジュニパーが使用されているのは、
  腎臓と肝臓の働きを活発にさせる効果を期待したもの。
★果実:ジュニパーベリー

※利尿作用   ※発汗作用
※収斂作用   ※殺菌作用
※頭脳明晰作用

-体内の毒素を対外に排出する作用が強い
-乳酸や乳酸、むくみなどの排出を促すことにより新陳代謝を促進し
 身体機能を活発にする→身体を浄化して温めて整える。
-筋肉痛、関節痛、月経痛、膀胱炎、尿路結石、痛風
-セリュライト
-授乳中で排尿が滞っている人の母乳過多のバランスをとる
-脂性肌、にきび、浸出性の湿疹
-精神を目覚めさせ、意欲を促し、集中力を高める


★長期間の使用や多量の使用は、腎臓に負担をかける可能性あり

[使用を避けた方が良い人]
 -妊娠中の人
"