大きくする 標準 小さくする

毎日がHappyBirthday☆彡

大きなひとりごと [カウンセリング]

投稿日時:2009/03/06(金) 22:19

本日は、会社の契約した再就職支援会社で「転職活動実践ノウハウ」なるセミナーを受講してきた。

1日目「転職活動実践ノウハウ」
2日目「自己理解とコミュニケーション」
3日目「キャリアプランニングと自己PR」
以上、5時間/日×3日間コースの初日である。

1日目の内容は、以下の三部構成
「転職市場と仕事の探し方」
「応法書類の書き方基礎」
「面接基礎」

内容は一般論で目新しいこともなかったので割愛(笑)

驚いたのは、受講者からの質問・意見の大半が、担当キャリアコンサルタントへの不満からくるものであったこと。
これら担当キャリアコンサルタントへの不満の声は、クライエント(求職者)側とCC(キャリアコンサルタント)側の双方に問題があるんだな。。。と感じた次第。

【求職者側の問題】
①求人側の事情・状況把握が不足
②キャリアコンサルタントへの依存心
③自己理解の不足
【CC側の問題】
①クライエント側のニーズを把握していない
   或いは対応していない(できない?)だけ?
②スキル・知識不足・情報不足

人材紹介会社は、企業に人を紹介して入社させて報酬を得るから、求職者が商品、求人企業が顧客。
売れる商品でなければ、当然、力が入らないであろう。
ましてや、今は求職者が溢れているから、売れない人材を如何に売るかに手間隙かけるのは後回しとなる。
良い悪いは別として、手っ取り早く内定が取れる案件を優先するのは当たり前!

では、再就職支援会社は?
①雇用者である企業がお金を払って、退職者の再就職支援を依頼する。
②プラス、人材紹介として転職を仲介すれば紹介料が入る。

この①に支払われる1人あたりの値段は、結構な金額である。

雇用企業によっては、再就職支援会社の利用の有無を退職予定者が選択できるようにしているところもある。
再就職支援会社を利用しない場合は、この①に支払われるお金を、退職金に上乗せするというう選択が出来るのである。

私の在籍していた会社は選択不可;;;
&せっかくのチャンスだし・・・と、浅ましい私は
「ならばその金額分の何かを得たい」と考えたわけです(笑)

さて?私が、この金額を貰うとしたら?
当然、現状の自分の知識・経験・スキル・情報網では、とてもこの値段に見合った仕事は出来ない。
では、この再就職支援会社を利用している求職者たちが、この再就職支援会社に自腹でお金を払うとしたら、どれだけの金額を払うだろう?
どれだけの価値だと評価するだろう?

不景気の時には"人材紹介"、景気の良い時には"派遣紹介"が元気になるという。
いずれにしても、人を求人企業で就業させて、ビジネスが成り立っている。
(人事コンサルっていうのもあるか)

正直言うと、再就職って決まる人は支援がなくても決まる。
再就職支援を必要とする人って、売れない自分を、売れるようにするために、どうしたら良いのか?を知りたいわけで・・・
①求人情報の提供・紹介
②転職市場の実情等情報提供
③求人側と求職側のミスマッチを埋めるための指導やアドバイス
が欲しいんだよね。

職業生活が続く限り、キャリア形成は続くと考えるならば、
④職業人生の中で、どのように自分のキャリアを築いてゆくかを 考えるきっかけ、考え方などのヒント
も求められているかと思う。
(これは自分で考え選択し、自分で責任を持たなくてはならない部分だから、指導やアドバイスって言うのは違うというのが個人的主観)

キャリアコンサルタントって、いったい何だ?
産業カウンセラーやキャリコンの勉強を始めた当初の疑問が再燃した(笑)

おっと。。。そんなことを考える前に、今、振り出しに戻った私♪
再度自分を振り返り、これからの歳の重ね方、キャリアプランを、じっくり考える時でもある。
しかし、まずは売れなきゃ話しにならないよね!!!!
自分のミスマッチングの修正をしなくっちゃ!(ーー゛)

今月は、この再就職支援会社のセミナーを受けたり、色々な方の話を聴いて、4月に入ったら、じっくり取り組もうかね(ーー゛)

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
d6342dcc21b4c2b21ff05034fd7ecf2b.png?1511408345
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

トラックバック一覧